毛抜きを使った脱毛でも痛みが少なく抑えられる!実践すべきポイント3選

脱毛前には蒸しタオルで毛穴をしっかり広げよう

自分自身で行える脱毛処理の方法の1つに毛抜きがありますが、仕上がりが綺麗ですが痛みが強くて無理だという人はいますよね。でも実際に脱毛処理前に手入れをしっかり行う事で痛みを抑えて処理することができますよ。まず方法として毛穴をしっかり広げるために、蒸しタオルを用意することが大切です。蒸しタオルを使用して毛穴をしっかり開いてから処理を行うことで、痛みをかなり小さく抑えることができますよ。処理途中で毛穴が閉じてきたら、再度温めて開くようにするのもポイントです。

毛の生えている方向を確認しながらゆっくり抜こう

毛抜きを使った脱毛処理方法は、痛みが強くて処理できないという場合があります。それは毛穴が閉じた状態で引き抜いてしまっているという理由のほかに、毛の向きに逆らって処理をしているということが多くあります。実際に処理をしている人で毛ぬ向きを気にしていいる人は少ないんですよ。また力まかせに引き抜いてしまうのも痛みの原因の1つになります。毛ぬ向きに逆らわず、ゆっくりと力を入れて引き抜くことで痛みを軽減することができますよ。

脱毛後は毛穴を閉じて肌の手入れをしよう

毛抜きの処理として処理中の痛みのほかに、処理後もジンジンとした痛みを感じるという人もいますよね。それは閉じた毛穴から無理やり引き抜いてしまったことで、毛根に強いダメージがかかってしまった原因があります。そんためしっかり脱毛後の処理をすることで、処理後の痛みもおさえることができちゃいます。まず処理後は開いた毛穴を閉じることが大切なのえ、冷たい脱脂綿などを利用して毛穴を閉じます。次ぐに処理後の肌をケアするため保湿クリームを塗ります。すると処理後の痛みも抑えることができますよ。

全身脱毛のプランを選ぶには、いくつかのムダ毛の処理の方法を選ぶことで、みずみずしい地肌を目指すことが可能です。